秋田プロバスケットボールクラブ株式会社は、秋田ノーザンハピネッツ株式会社へ。
秋田プロバスケットボールクラブ株式会社は、秋田ノーザンハピネッツ株式会社へ。

「“秋田さバスケ”を合言葉に、秋田に初のプロスポーツチームを」。

そんな想いでスタートした私たちの歩みも2017年で10年目、秋田プロバスケットボールクラブ株式会社もおかげさまで第10期目を迎えることができました。これも一重に、ブースター・ファンの皆様、スポンサー、ボランティアスタッフ、行政、株主など、多くの方からの熱く暖かいご支援があったからこそと、深く感謝いたします。

秋田ノーザンハピネッツはBリーグ初年度からB1参入を果たすことができましたが、最後に劇的な逆転負けにてB2へと降格してしまいました。しかし、この状況を企業としてポジティブに捉えると、今後のさらなる成長へのターニングポイントになるのではないかと感じております。

この節目を迎えるにあたり、企業としての理念を改めて考え直しました。立ち上げ当初の目的は、「プロバスケットボールチームを通じて秋田の活性化の一助となる」でした。この目的自体は今も変わってはいませんが、我々の役割はさらに進化していると考えました。では、チーム名『ハピネッツ』に込められた想いは何か。それはクラブに関わるすべての人々と幸せを共有できるような存在でありたいという願いです。また、試合会場で一貫して大事にしてきたことは、単なるバスケットボールの試合の提供ではなく、皆さんに“ハッピー”と“ワクワク”を提供する企業になるべきだという答えに至りました。さらに大切なのは、どんな逆境でも言い訳をせず、常識を打ち破り、新たな挑戦をし続ける組織であること。そして、そんな熱い志を持った人たちが集まりたいと思える企業であること。そして、そんな熱い志を持った人たちが集まりたいと思える企業であることです。そのためにまずは、2017-18シーズン、この逆境を跳ね返し、さらに強くなってB1への復帰を果たします。また、強いクラブづくりへ向けて現状に満足することなく、私たちはさらにチャレンジしてまいります。

「秋田をはじめとする世界中の人々にもっとハッピーとワクワクをお届けしたい」。

この度の社名変更もその想いを実現していくために必要な第一歩です。
新生、秋田ノーザンハピネッツ株式会社にどうぞご期待ください。

代表取締役社長 水野勇気

代表取締役社長 水野勇気

企業スローガン
企業スローガン
THINK BORDERLESS.MAKE HAPPINESS.
THINK BORDERLESS.MAKE HAPPINESS.
企業スローガン
企業スローガン
私たちは新しい挑戦を通じて、「自らの限界」と「型にはまった思考」を打ち破り、世の中にかつてないハッピーとワクワクを提供します。
私たちは新しい挑戦を通じて、「自らの限界」と「型にはまった思考」を打ち破り、世の中にかつてないハッピーとワクワクを提供します。
Corporate Profile - 企業概要
Corporate Profile - 企業概要
秋田ノーザンハピネッツ株式会社
秋田ノーザンハピネッツ株式会社
設立 2009年1月30日
資本金 8,000万円
役員
代表取締役会長 佐野 元彦
代表取締役社長 水野 勇気
専務取締役 高畠 靖明
取締役事業本部長 桑原 淳
取締役 北嶋 正
取締役 加藤 寛
取締役 辻 良之
取締役 猿田 五知夫
取締役相談役 蒔苗 昭三郎
事業内容
プロスポーツチームの運営
プロスポーツ選手のマネジメント
スポーツイベントの企画・運営・主催など
所在地
〒010-0922 秋田県秋田市旭北栄町1-5
秋田県社会福祉会館 本館4F
TEL: 018-865-0521
FAX: 018-865-0522
株主
秋田ゼロックス株式会社
株式会社サノ・ホールディングス
株式会社イヤタカ
厚生ビル管理株式会社
秋田いすゞ自動車株式会社
株式会社秋田魁新報社
秋田朝日放送株式会社
奥羽住宅産業株式会社
中嶋洋子
水野勇気
高畠靖明
猿田興業株式会社
タプロス株式会社
株式会社秋田スズキ
ユナイテッド計画株式会社
須田精一
株式会社秋田ケーブルテレビ
コマツ秋田株式会社
大森建設株式会社
株式会社秋田放送
秋田協同印刷株式会社
加賀谷毅
嶋田康子
株式会社エフエム秋田
株式会社あきたタウン情報
株式会社かおる堂
秋田中央交通株式会社
千代田興業株式会社